看護師の転職は一年未満が多い?

「石の上にも三年」という言葉がありますが、昔はよく社会時になりたての頃、あるいは就職活動をしている学生の頃、多少の問題があったとしても三年忍耐していれば状況も変わってくる、と言われたものです。
当然、仕事に就いたばかりの時、特にそれが学校を卒業して社会人一年生の時というのは、ガラッと世界が変わりますから色々な問題に直面するものです。
これは、看護師の世界でも同様ですが、もっとシビアだと言われます。
というのは、学校で勉強してきたことよりも、実際の医療現場で行っている看護業務の方があまりにもレベルが高く、ついていけない、というのです。
当然、看護師資格を取得するために実際の現場で研修も行うのですが、そうは言っても指導者である看護師がしっかりサポートしてくれます。
また、就職し始めたとしても、プリセプターなどでマンツーマンで指導してくれる病院も多いので、以前よりも恵まれているのかもしれません。
しかしそうではあっても、医療の世界は日進月歩ですから、学校とのあまりにものブランクにショックを受け、一年未満で転職や退職を考える看護師も多いようです。