社労士ってなにすんの?

労働にまつわるトラブルには、実に様々なものが存在します。
解雇や雇止め、出向、労働条件の変更など、労働者と企業の間に発生する諸問題は挙げていくとキリがありません。
こうした問題が起きてしまった場合、最終的に当事者間での話し合いがまとまらなければ裁判制度を利用するしかなくなってしまいます。
しかし裁判はご存知の通り費用も時間も多大な労力もかかってしまいますので、それを避けるための存在としてあっせん代理人が存在するのです。
あっせん代理人は通常社会保険労務士が行うケースが多く、個別の労働契約における紛争のスムーズな解決の手助けをしてくれます。
双方の言い分を判断しうまく落とし所を見つけてくれる、また裁判よりも迅速な解決をしてくれる、それらが社会保険労務士によるあっせんのメリットです。
社労務資格難易度の高さは?合格率低い?【勉強のポイント】