就職浪人とは?

バブル崩壊後の1993年から2005年にいたるまでの就職氷河期の終焉の記憶もまだ鮮明なまま、2009年から現在までは求人状況は再び低迷しています。
このように就職活動が激しさを増してゆく中で、一部の学生たちには就職そのものに対する意味や必然性を見失ってしまう者、こうした就職難を引き起こした社会構造そのものに対する不信感をあらわにする者や、また過剰な就職活動に精根尽き果ててしまう者などが多く見受けられるようになりました。
彼らは大学を卒業しても仕事に就くことがない、あるいは仕事に就こうにもそれができないフリーターやニート、引きこもりとなるケースが多く、これらは総称して就職浪人と呼ばれています。
いったん就職浪人となってしまうと再度就職にチャレンジしても、履歴書による一次選考の時点で不採用となってしまうことが多く、このような場合には正社員などは望むべくもなく、アルバイトやパートなどで生活費などを捻出していかなければならなくなります。
高校生バイト履歴書の書き方って?採用率UP!【こんな履歴書はダメ?】